週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

世界遺産ダフニ修道院のモザイク画は必見!

ギリシャでは多くの世界遺産を訪れることが目的でしたが、前回のミケーネ、エピダウロスにつづき、今回はダフニ修道院についてご紹介します。

ダフニ修道院はギリシャの世界遺産の中でもマイナーだと思いますが、アテネからもアクセス可能ですので、是非訪れていただきたいスポットです。

ダフニ修道院

世界遺産としてのダフニ修道院

ダフニ修道院がマイナーな理由は単独で世界遺産に登録されているわけではなくオシオス・ルカス修道院とネア・ミニ修道院とあわせて世界遺産に登録されていることと、立地がアテネ市内からやや離れており、周りには他に有名な観光地が無いからです。

しかしながら、ビザンツ美術第二期黄金期と称されるモザイク画で飾られているダフニ修道院は、ぜひアテネから足を伸ばしたいスポットです。

ダフニ修道院のロケーション

ダフニ修道院にはアテネ市内から地下鉄とバスを乗り継いで行くことができます。

地下鉄3号線で終点の「Aghia Marina」まで行き、そこからは811、866、A16番線のバスでモニ・ダフニウ(Noni Dafniou)で下車します。

ダフニバス停

ちょっと道を渡るのが大変ですが、このバス停とダフニ修道院は道を挟んですぐのところにあります。

 

住所:2J7P+69 Haidari, Χαϊδάρι

電話番号:+30 21 0581 1558

 

ダフニ修道院の営業時間と休日

ダフニ修道院の営業日は水曜日〜土曜日で、営業時間は8時〜15時です。

古いブログの記事などでは、火曜日と金曜日のみが営業日と紹介されているケースがありますので、お気を付けください。 

入場料は無料です。 

ダフニ修道院入口

こちらが入口です。入って良いものかどうか一瞬迷いますが、気にせずに入ってください。もし鍵がかかっていれば、呼び鈴を鳴らすと開けてくれます。

中に入ったら特に受付などもありませんので、好きな場所を見学してください。

もし人がいれば、一応見学したい旨だけは伝えてくださいね。

ダフニ修道院の見どころ

それではダフニ修道院の見どころをご紹介します。

ダフニ修道院は5〜6世紀末の設立と考えられていますが、現在残る建物は11世紀に建設された中央聖堂のみです。

 

ダフニ修道院壁

中央聖堂も修復されたものですので、11世紀のものがそのまま残っているのは修道院を囲んでいた壁のみです。

 

ダフニ修道院モザイク画

中央聖堂には、ビザンツ美術第2黄金期の特徴である、金箔の背景を持つ大理石のモザイク画が溢れており、分かりやすくリストになっています。

 

ダフニ修道院モザイク画

ドーム部分にはイエス・キリストと聖書を持った16人の預言者が描かれています。下から見ると一瞬フレスコ画のように見えますが、カメラのズームを拡大してみると間違いなくモザイク画でした。

 

ダフニ修道院モザイク画

中央聖堂のモザイクは様式から1075年〜1100年頃に描かれたものとされています。

ダフニ修道院モザイク画

ダフニ修道院モザイク画

 

中央聖堂の前には簡易的な博物館もありますが、モザイク画以外はこれと言った見どころはありませんので、見学の所要時間は30分程度です。

30分のために往復2時間をかける価値があるかと聞かれれば、「ある」と断言できます。それほどダフニ修道院のモザイク画は素晴らしいです。

まとめ

私が訪れたときは、他に観光客がおらず貸切状態でした。

これだけのモザイク画を無料で見ることができるダフニ修道院を見逃す手は無いですね。アテネ市内から約1時間ほどでアクセスすることができますので、朝一でダフニ修道院を訪れれば、その日のうちにアテネ市内の主要観光地も合わせて回ることができます。

ぜひ、アテネ観光の一部にダフニ修道院を組み込んでください。