週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

イスタンブール国際空港から市内への移動はバスがおすすめ!

イスタンブール国際空港はできたばかりということもあり、周りのインフラが追いついておらず、市内へのアクセスはタクシーがバスになります。

今回、バスを利用しましたので忘備録を兼ねて詳細をお伝えします。

Havaist

高速バス Havaistについて

イスタンブールの高速バスはHavaistと呼ばれています。

イスタンブール国際空港から様々な場所にバスが出ていますが、公式WEBサイトから検索することが可能です。

hava.ist

 

公式WEBサイトは英語にも対応していますが、地名表記がトルコ語のままですので、少し探しづらいかもしれません。

「Stops」メニューから地図で目的地を探すことができますので、まずは目的地を地図から探してください。

Havaist Webサイト

 

次にTimetableのメニューを押してください。

Havaist Webサイト

From とToがプルダウンで選べますので、Fromにはイスタンブール国際空港を選択してください。イスタンブール国際空港はトルコ語で「İstanbul Havalimanı」です。

Toは先程地図で調べた地名を選択し、「Show」ボタンを押すと、ボタンの下に検索結果が表示されます。

Havaist Webサイト

「iST-1S」がバスの路線番号、₤18.00が値段です。旧市街までの場合、深夜を除き、30分毎に出発しています。

事前にここまでは調べておくことをおすすめします。

Havaist乗場

Havasit乗場は、空港の到着ロビーに出ましたら、案内板の「Bus」を目印に右手の方向に進んでください。

Havaist案内板

かなり進むとやっと左折する指示があります。

左に進むと、すぐ右手にHavasit乗場へのエスカレーターがあります。

Havaist案内板

これは分かりやすいですね。

下のフロアに降り、出口から出るとそこがHavaist乗場です。

Havaist乗場

Havaistの乗り方

Havaistに乗るためには、イスタンブールカードが必要です。イスタンブールカードは日本のSuicaやPasmoなどと同様のICカードです。Havaistに限らず、イスタンブールの公共交通機関に乗車することができます。

イスタンブールカード

イスタンブール国際空港のHavaist乗場に、窓口と自動販売機があり、そちらでイスタンブールカードは購入可能です。自動販売機はクレジットカードが使えません。

イスタンブールカード

私は、自動販売機でインタンブールカードの購入を試みましたが、機械の調子が悪く、結局窓口で購入しました。

イスタンブールカードは、発行代金で6トルコリラ(約110円)かかります。こちらは日本のICカードなど違いデポジットではありませんので、使用終了後も払い戻しはありません。

 

イスタンブールカードにいくらチャージするかですが、旧市街までのHavaistの運賃が18トルコリラ(約330円)ですので、復路もHavaistを利用する場合は、40〜50トルコリラ(約730円〜920円)程度が適切だと思います。

 

バスに乗る際に、運転手の横にある機械にイスタンブールカードをタップします。路線により一律料金ですので、降りる際には何もしなくて大丈夫です。

 

Havaist車内

バスの車内の様子です。モニターやUSB充電ポートが付いていますが、往復とも動作しませんでした。

 

まとめ

将来的には地下鉄がイスタンブール国際空港まで伸びる予定ですが、現在では市内への移動はバスかタクシーに限られます。

オススメはバスです。 バスの停留所から目的地まではタクシーや電車で移動する必要がありますが、約330円ほどで市内まで快適に移動することができます。

イスタンブールに行かれた際はぜひお試しください。