週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

バンコクに行ったら足を伸ばしたい!古都アユタヤの魅力

ゴールデンウィークのタイ旅行のメインの目的はアユタヤの観光でした。

アユタヤは「古都アユタヤ」として世界遺産に登録されています。

バンコクからも近く、日帰りでの観光も可能です。

今回の記事では、アユタヤへのアクセスと主な見どころについてお伝えします。

アユタヤ歴史公園

アユタヤについて

アユタヤは、14世紀半ばの建国から1767年にビルマ軍の攻撃で破壊されるまでの400年以上もの間繁栄したアユタヤ朝の中心地として栄えました。

アユタヤ朝の都市計画や中央集権制度など近代国家としての基盤は、その後のバンコク王朝にも受け継がれました。

現在、アユタヤ朝の繁栄の姿をつたえる遺跡群は歴史公園として整備されています。

バンコクからアユタヤへのアクセス

バンコクからアユタヤへのアクセスは大きく分けて4つあります。

  • ロットゥー(乗り合いミニバン)
  • 国鉄
  • タクシー/車のチャーター
  • 現地ツアー

ロットゥー

ロットゥーとは乗り合いのミニバンのことで、アユタヤ行きはBTSのビクトリーモニュメント駅戦勝記念塔の前とモーチット・バスターミナル(北バスターミナル)から運行されています。

料金が安い上に運行本数も多いので、一番利用されている移動手段ではないでしょうか。

  • 料金:60バーツ〜80バーツ
  • 運行時間:人が集まったら出発
    *アユタヤ行きは頻繁に運行されています。
  • 所要時間:1時間半〜2時間

国鉄

国鉄のファランポーン駅からアユタヤまで行くことができます。

最低料金は安いのですが、エアコンなしは厳しいと思いますので、エアコン付きの座席にすると、ロットゥーよりも高くなります。

タイの国鉄は遅延がデフォルトのうえ、アユタヤ駅から観光地までは船で川を渡る必要もあり、やや煩雑ですので、国鉄駅のレトロな雰囲気や車内の庶民的な雰囲気を楽しみたい方以外はあまりおすすめしません。

列車の種類は普通、快速、特急の3種類あり、料金も座席の種類やエアコンの有無によって変わってきます。

  • 料金:15バーツ〜345バーツ
    *列車の種類や座席によって異なります。
  • 運行時間:4:22〜22:45(1日32本)
  • 所要時間:最短1時間17分〜

タクシー/車のチャーター

タクシーでアユタヤまで行く場合、片道の相場が1,000〜1,500バーツほどですので、アユタヤでの移動も含め貸し切った方がお得です。

バンコクとアユタヤの往復、アユタヤでの観光に高速代とガソリン代を含めトータルで2,500〜3,000バーツが相場です。

  • 料金:交渉による。2,500〜3,000バーツが目安
  • 所要時間:約1時間30分

現地ツアー

現地ツアーをはいろいろな種類がありますが、利用される場合は、個人では手配しづらいクルージング付きのツアーをおすすめします。

往復クルージングのプランよりも、行きは車、帰りが食事付きのクルージングが時間も節約でき一番のおすすめです。

ツアーは楽天グループのVoyaginで日本語で予約することも可能です。

www.govoyagin.com

 

私はもともとロットゥーを利用し、アユタヤではレンタサイクルで観光をしようと思っていましたが、滞在中40度を超える猛暑だったため、予定変更でバンコクからタクシーをチャーターしました。

当日の交渉で3,000バーツでした。他の交通手段よりも高いですが、猛暑のアユタヤをエアコン付きのタクシーで回ることができましので、体力的には楽でした。

アユタヤで見ておきたい遺跡5選

アユタヤは非常に多くの遺跡があります。

その中で、個人的に必見だと思う5つの遺跡をご紹介します。

ワット マハータート(Wat Mahathat)

アユタヤで最も有名な遺跡です。

ワット マハータートという名前は知らなくても木の根元にある仏頭は見たことがあるのではないでしょうか。

ワット マハータート

ワット マハータートはアユタヤでも重要な寺院のひとつでした。

ワット マハータート

しかし、ビルマ軍に徹底的に破壊され、破壊された仏像や建物の土台が残るのみとなっています。

  • 営業時間:8:00〜18:00、無休
  • 拝観料:50バーツ
  • 住所:Naresuan Rd, Tambon Tha Wa Su Kri, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

ワット プラシーサンペット(Wat Phra Si Sanphet)

アユタヤで最も重要な遺跡です。

ワット プラシーサンペットはアユタヤ王宮内にあり、バンコク王朝におけるワット プラケオ(エメラルド寺院)のような位置づけです。

ワット プラシーサンペット

ワット プラシーサンペットのシンボルである3つの仏塔です。

f:id:locanda:20190609155604j:plain

ワット プラシーサンペットの多くの遺跡もビルマ軍により徹底的に破壊されています。

  • 営業時間:7:00〜18:00、無休
  • 拝観料:50バーツ
  • 住所:Pratuchai Subdistrict, Ayutthaya 13000

ワット ローカヤスターラーム(Wat Lokaya Sutha)

アユタヤで最もスケールを感じさせる遺跡です。

広大な草原に高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏が悠々と横たわっています。

ワット ローカヤスターラーム

ワット ローカヤスターラーム

  • 営業時間:24時間
  • 拝観料:無料
  • 住所:Uthong Rd, Tambon Pratuchai, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

ワット チャイワッタナーラーム(Wat Chaiwatthanaram)

アユタヤで最も美しい遺跡です。

アンコール遺跡群を彷彿とさせる建築美は必見です。

ワット チャイワッタナーラーム

ワット チャイワッタナーラーム

  • 営業時間:8:00〜18:00、無休
  • 拝観料:50バーツ
  • 住所:Ban Pom, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

ワット タンミカラート(Wat Thammikarat)

アユタヤで最も個性的な遺跡です。

鶏が祀られていたり、アユタヤの遺跡で唯一獅子像があるなど他の遺跡とは一線を画しています。

ワット タンミカラート

ワット タンミカラート

  • 営業時間:8:00〜17:00
  • 拝観料:20バーツ
  • 住所:Tha Wa Su Kri, Ayutthaya 13000

まとめ

古都アユタヤはバンコクとは違った見どころに溢れています。

バンコクからのアクセスも良く、日帰りで行くことができますので、バンコク旅行の際にはぜひ足を伸ばしてください。