週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

チャンギ国際空港 第3ターミナルSTATS Premierラウンジ 訪問記| 2018/19マレーシア・シンガポール旅行22

シンガポールからの帰国便にはアシアナ航空を利用しました。

アシアナ航空はチャンギ国際空港の第3ターミナルを利用していますが、ビジネスクラスの指定ラウンジはSTAS Premierラウンジでした。

今回の記事ではSTAT Premierラウンジについて感想をまとめます。

STAS Premier Lounge

チャンギ国際空港第3ターミナル

アシアナ航空が利用するチャンギ国際空港の第3ターミナルは今回がはじめての利用でした。

シンガポール航空がメインに使っていることもあり、自動化されている部分が多く、第1ターミナルや第2ターミナルと比較すると、整然としている印象を受けました。

チャンギ国際空港第3ターミナル

STAS Premierラウンジについて

アシアナ航空のチェックイン時にオファーを受けたのはSTAS Premierラウンジです。

同じスターアライアンスのシンガポール航空も第3ターミナルにラウンジがあるので、クリスフライヤーゴールドラウンジを予想していましたが、見事に外れました。

 

STAS Premierラウンジの場所は、イミグレーションを出て左手に曲がり、最初のエスカレータを昇った航空会社のラウンジが集まっているフロアにあります。

各航空会社の上級会員に加え、Priority Passでも利用可能です。

STAS Premier Lounge

受付では航空券を見せるだけで利用可能でした。

ラウンジ内の様子

ラウンジ内はコンパクトであまり座席数は多くありません。

私たちの搭乗するアシアナ航空の出発前は、かなりの混んでおり空いている座席を探すのも大変そうでした。

STAS Premier Lounge内部

マッサージチェアもあります。

STAS Premier Loungeマッサージチェア

ダイニングコーナーです。

STAS Premier Lounge内部ダイニング

料理の品揃えはまずます。フルーツやハムがとても美味しかったです。

STAS Premier Lounge料理

セルフですがラクサコーナーもあります。

STAS Premier Loungeラクサ

ドリンクコーナーも標準的な品揃えです。

個人的にはスパークリングワインがあったので、ポイントは高めです。

STAS Premier Loungeドリンク

実際にいただいたのはこちら。

STAS Premier Loungeスパークリングワイン

STAS Premier Lounge料理

STAS Premier Lounge料理

ハムが美味しかったので、おつまみとしておかわりです。

STAS Premier Loungeハム・チーズ

注意点

注意点としては、このラウンジは何とトイレが男女共用の上に数も少ないです。

外に出てすぐのところにトイレがありますので、気になる方は外のトイレを使うのが良いと思います。

まとめ

アシアナ航空の指定ラウンジのSTATS Premierラウンジはコンパクトですが、料理やドリンクの品揃えも悪くなく、セルフ方式のラクサバーがあることも高ポイントです。

個人的には、同じターミナルにあるシンガポール航空のクリスフライヤーゴールドラウンジよりもお気に入りになりました。