週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

ナイトサファリは大人でも楽しめます!! | 2018/19マレーシア・シンガポール旅行19

シンガポール滞在初日の夜は、前から行ってみたかったナイトサファリに行ってきました。

想像以上に楽しく、リピートしてみたいと思ってしまうほどでした。

今回の記事では、シンガポールのナイトサファリについてご紹介します。

Night Safari

ナイトサファリについて

ナイトサファリは、「世界初の夜だけ開園するサファリパーク」として、1994年5月26日に開業しました。

アフリカ、オーストラリアやアジア全域の動物が、本来の環境に近い状態で飼育されていますので、お目当ての動物を見ることができないこともあります。

隣接するシンガポール動物園やリバーサファリと同じ会社が運営しています。

シンガポール動物園やリバーサファリを楽しんだ後、ナイトサファリに行く、という楽しみ方も可能です。

アクセス方法

ナイトサファリはシンガポールの中心部から少し離れたところにあり、交通の便もあまり良くありません。

時間を節約したい方は、タクシーの利用をお勧めします。

タクシー料金は、シンガポールの中心部からSG$30弱(約2,400円)くらいで、所要時間は30分弱です。

安く行きたい場合は、Safari Gateというバスで行くことが可能です。

サンテック・シティから1時間に1本運行されており、片道SG$7(約570円)、往復でSG$12(約980円)です。

注意点としては、子供も同料金ですので、4人で移動するとタクシーとほとんど値段が変わらなくなります。

サンテック・シティからナイトサファリまでバスを利用した場合の所要時間は約40分ほどです。

www.safarigate.com

営業時間と営業日

営業時間は夜間のみで、19:15〜24:00です。

営業時間と言っても、ゲートからの入場時間で、周りのレストランやお土産屋は営業していますので、トラムの時間よりも少し早く来て、ディナーを食べるのもおすすめです。

定休日はありません。

入場料金とチケットの購入方法

チケットは現地で購入することも可能ですが、事前予約をお勧めします。

現地購入では、後述するトラムの早い時間帯は売り切れてしまうため、遅い時間になってしまいます。

チケット料金

  • 大人=SG$47(約3,800円)
  • 子供(3歳〜12歳)=SG$31(約2,500円)

オフィシャルサイトから事前予約することにより、スーパーピークの時期を除き5%オフで購入可能です。

store.wrs.com.sg

Voyaginでの予約

ナイトサファリのオフィシャルサイトは英語での予約になりますが、英語が苦手な方は、楽天グループのVoyaginがおすすめです。

Voyaginはアジアの現地ツアーやアトラクションの入場券を日本語で予約することができます。また、お値段も非常にお得になっています。

ナイトサファリの入場券も5%offで購入することが可能です。

www.govoyagin.com

入場方法

トラム乗場は時間が決められていますので、トラム出発時間の30分ほど前から入場が可能となります。

NightSafari入場

私達は、かなり前から並びましたが、時間指定制のため席がなくなることはありませんので、早く並ぶ必要はないと思います。

NightSafari入場門

入場時はゲートに事前予約していたEチケットのQRコードをかざして入ります。

トラムツアー

トラムの代金はチケット代に含まれてまいます。

トラムは基本的に英語での案内になります。日本語での案内のトラムも走っていますが、1時間に1本しかなく、しかもSG$10余分に必要になります。

私達は6時頃着き日本語のトラムを予約しようと思いましたが、一番早いもので8時15分でしたので断念し、英語のトラムに乗車しました。

結果、英語案内でも全く問題ないと思います。動物の説明が英語でありますが、マップを持っていましたので、英語ができない妻も全く問題ありませんでした。

私達が利用した7:15のトラムは出発時はまだ明るく、動物もよく見ることができました。しかし、実際に見ることができた動物は半分くらいでしょうか。

トラムツアー

トラムの所要時間は35分位です。

ウオーキングトレイル

トラムを降りた後は、ウオーキングトレイル(遊歩道)をぜひお試しください。

まるで冒険のようで非常にワクワクしました!

ウオーキングトレイルには4つの種類があります。

  • Fishing Cat Trail
  • Leopard Trail
  • East Lodge Trail
  • Wallaby Trail

それぞれの遊歩道で見ることができる動物は下記のとおりです。

Fishing Cat Trail

スナドリネコ、インドガビアル、マメジカ、ジャコウネコ、ビントロング、ペリカン、コツメカワウソなど

Fishing Cat Trailはあまり動物を見ることができませんでした。

下記は唯一うまく写真が撮れたインドガビアルです。

インドガビアル

Leopard Trail

ヒョウ、オオコウモリ、ムササビ、スローロリス、ウンピョウ、アナグマ、マレーヤマアラシなど

ヒョウは見ることができませんでしたが、比較的多くの動物を見ることができました。

マレーヤマアラシです。

マレーヤマアラシ

餌を食べているので顔は見えませんがムササビです。

ムササビ

遠くて分かりづらいですが、メスライオンです。

ライオン

East Lodge Trail

サーバル、ブチハイエナ、マレータイガー、ホワイトアフリカライオンなど

こちらのトレイルも比較的多くの動物を見ることができました。

まずはブチハイエナです。

サーバルの凛とした姿は非常に美しいです。

サーバル

このトレイルのメインでもあるマレータイガーです。

Wallaby Trail

フクロモモンガ、ワラビー、フクロギツネなど

このトレイルではブログに掲載できるレベルの写真は撮れませんでした…

 

4つのトレイルすべてをしっかり回った場合、所要時間は1時間半くらいです。

個人的にはトラムツアーよりも楽しむことができました。

その他のアトラクション、設備

メインエントランスの周りにはレストランやお土産屋などが非常に充実しています。

また、一日に4回ほどショーが開催されており、入場までの時間も退屈することはないと思います。

まとめ

ナイトサファリは自然に近い状態で動物を飼育していますので、必ずしもお目当ての動物に会えるとは限りません。

しかし、夜道を動物を探して歩く体験は、めったに味わえるものではなく非常に興奮しました。

会えない動物も多くいましたので、それがリピートしたいという気持ちにつながります。

大人も子供も楽しめるナイトサファリ!シンガポール訪問の際はぜひ足を延ばしてください。