週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

成田→クアラルンプール JALビジネスクラス搭乗記 | 2018年9月クアラルンプール旅行2

往路で利用したのはJALのビジネスクラスです。

実は、JALのビジネスクラスは今回がはじめての利用です。

今回の記事では、成田からクアラルンプールまでのJALビジネスクラス搭乗記をお届けします。

JAL

使用機材

はじめてのJALのビジネスクラスということで、乗る前から非常に楽しみにしていました。

成田からクアラルンプール間を運行しているJAL723便の使用機材は、Boeing 787-9です。

JAL723便のシートについて

JALのビジネスクラスのシートは6種類ありますが、JAL723便はヘリンボーン式のJAL SKY SUITEⅢでした。

シート(ビジネスクラス)− JAL国際線

シートスペックはBoeing 787と777で若干異なりますが、私が乗ったBoeing 787のスペックは下記のとおりです。

  • シート幅=約51cm
  • 最大ベッド幅=約53cm
    *可動式アームレスト収納時は約74cm
  • 最大ベッド長=約198cm
  • 個人モニターサイズ=17インチ

JALビジネスクラス座席

フルフラットにした時に198cmありますので長さは十分なのですが、シート幅が直近で利用したマレーシア航空のA380-800のビジネスクラスと比較して5cm近く狭いため、多少窮屈感を感じました。

www.weekend-traveller.com

座席配置は1-2-1です。個室感がある反面、やや圧迫感を感じました。

JALビジネスクラス

また、慣れの問題だと思いますが、座席が斜めに向いているのが食事や書類を書くとにやや違和感を感じました。

ミラーが付いた小物入れがなにげに便利でした。

小物入れ

その他物入れはありませんので、携帯用のカバンなどはモニターの下に置く必要があります。

JALビジネスクラス座席下

アメニティとサービス

付属のアメニティは 歯ブラシ、アイマスク、耳栓、マスクとプレミアムエコノミーと全く同じです。

www.weekend-traveller.com

プレミアムエコノミーはビニールに入っていたのですが、ビジネスでは布製の巾着に変わっていました。

JALビジネスクラスアメニティ

同じ中距離戦で比較すると、日系の航空会社のアメニティは外資系よりかなり見劣りがします。

ヘッドフォンはSONYのノイズキャンセリングタイプです。

ノイズキャンセリングヘッドホン

エンターテイメントのコントローラーはとても使いやすかったです。画面では映画、コントローラーではMAPを見るという使い方も可能です。

コントローラー

食事・ドリンク

ウェルカムドリンクはありませんが、安定飛行に入るとドリンクとおつまみのサービスがあります。いつものようにシャンパンをチョイスです。

シャンパン

食事は前菜、メイン、デザートの順にサーブされます。

前菜のサラダですが、ハムがとても美味でした。

前菜

メインはステーキを選びましたが、機内食ですのでしょうがないのですが、温めた時に出る水分が多かったように思います。

メインステーキ

続いてデザートです。りんごのプリンだったと思います。

デザート

到着前に軽食かハーゲンダッツのアイスクリームを選ぶことができます。

ハーゲンダッツ

その他、好きな時にチーズの盛り合わせや、ちゃんぽんやうどんなどのJALオリジナルの麺類を注文することも可能です。

プレミア・レーンの利用

クアラルンプール便でJALのビジネスクラスを利用した場合は、プレミア・レーンを利用することができます。

プレミアムレーン利用案内

クアラルンプール国際空港のイミグレーションは非常に混雑しますので、プレミア・レーンが使えると時間短縮になり、非常にありがたいです。

まとめ

はじめてのJALのビジネスクラスの利用でしたが、個室感が高くプライバシーが保たれる点は非常に良かったです。

反面、シートの幅やアメニティなどは、外資の航空会社のビジネスクラスと比較するとやや物足りなく感じました。

サービスを含めた総合的な判断としては、やはり安定感があり心地よく搭乗することができました。