週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

これは便利!!余った外貨を電子マネーに変えるポケットチェンジ

皆さん海外旅行で余った外貨はどうしていますか。

私の場合、お札は比較的うまく使い切ることができるのですが、コインは計算が面倒で、帰国時にはいつも大量のコインを抱えています。次の旅行までとっておいても、結局コインを使わず増える一方でした。

そんな悩みを解決してくれるのが、ポケットチェンジです。

今回の記事では、余った外貨を電子マネーに変えることのできる、超絶便利なポケットチェンジについてご紹介します。

ポケットチェンジ

ポケットチェンジとは

ポケットチェンジとは紙幣・硬貨を世界中の電子マネーやギフトコードにその場で変えることができる大変便利なマシーンです。

外国のお金を日本の電子マネーやギフトコードに変えるだけではなく、日本円を外国の電子マネーやギフトコードに変えることもできます。

対応通貨

お札・硬貨対応
  • 米ドル
  • ユーロ
  • 中国元
  • 韓国ウォン
  • 日本円
お札のみ対応
  • 台湾ドル
  • シンガポールドル
  • 香港ドル
  • タイバーツ
  • ベトナムドン

交換できる電子マネー、ギフトコード(日本円)

USドル、中国元、韓国ウォンなどの電子マネーやギフトコードにも交換できますが、日本円に交換できる電子マネー、ギフトコードは下記のとおりです。

  • 楽天Edy(交換可能金額1〜25,000円)
  • App Store & iTunes ギフトカード(交換可能金額500〜30,000円)
  • Amazonギフト券(交換可能金額1〜30,000円)
  • Waon(交換可能金額1〜29,000円)

ポケットチェンジ設置場所

日本全国の空港や街の約30箇所に設置されています。

関東ですと、以下の10箇所に設置されています。

  • 羽田空港 国際線ターミナル到着ロビー 2階(営業時間=24時間)
  • 京急線 羽田空港国際線ターミナル駅 2階(営業時間=5:00~24:00)
  • 歌舞伎城 1階(営業時間=11:00~20:00)
  • H.I.S. 新宿本社営業所 1階(営業時間=平日/ 10:00~19:30、土/日/祝/ 11:00~19:30)
  • TRAVEL HUB MIX(営業時間=月曜~土曜 10:00~18:00、日曜定休)
  • 渋谷ちかみち(営業時間=10:00~19:00)
  • MEGAドン・キホーテ渋谷本店 1階(営業時間=24時間)
  • 成田空港 第1ターミナル 中央ビル本館 1階(営業時間=24時間)
  • 成田空港 第2ターミナル 3階 出国フロア 61番ゲート手前(営業時間=24時間)
  • 川崎DICE 1階 TSUTAYA 川崎駅前店(営業時間=10:00~深夜2:00)

利用方法

画面は下記のような感じです。

ポケットチェンジ画面

スタートを押し、わずか3ステップで交換完了です。

  1. 交換先サービスを選択します。
    *国→サービスの順番で選択します。
  2. 余った紙幣とコインを投入します。
    *複数の国のお金を投入することも可能です。
    *読み取り不可能なお金は寄付か返却が選べます。
  3. 交換先サービスと交換金額を確認し、「確定」ボタンを押して交換を完了します。

ポケットチェンジ画面2

私の場合、アマゾンギフト券を選択しましたが、下記のようなレシートが出てきますので、ギフト券番号をアマゾンのアカウントに登録すれば、利用可能になります。

ポケットチェンジレシート

アマゾンのIDなど個人情報は一切入力の必要がありませんので、気軽に利用可能です。

ポケットチェンジについてもっと詳しく知りたい方は、オフィシャルWEBサイトをご覧ください。

www.pocket-change.jp

まとめ

ポケットチェンジのレートは、私が両替した時はUS$1=95円くらいでしたので、決して良くはありません。

私は紙幣が余った場合は、次の旅行にとっていますが、コインはすぐにアマゾンギフト券に変えています。

コインは一部の金券ショップを除き、日本円に戻すことができませんし、次の旅行の際にも結局使わず増える一方でしたので、ポケットのチェンジは私にとては夢のようなマシーンです。

余った外貨を持て余している方は、ぜひポケットチェンジをお試しください。