週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

JFK国際空港第7ターミナル ラウンジホッピング | 2018年7月ニューヨーク出張6

JFK国際空港では、ANAの指定ラウンジはブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジです。

更にANAが発着する第7ターミナルにはプライオリティ・パスで利用できるアラスカ航空のラウンジがあります。

今回、空港での待ち時間が多くあり、両方のラウンジをホッピングしてきましたので、レポートします。

JFK国際空港ラウンジ

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジ

ロケーション

保安検査場を抜けエスカレーターを登り、左に曲がるとすぐ左手にエスカレーターがあります。

そのエスカレーターを登ると目の前がブリティッシュ・エアウェイズのラウンジです。

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジ

下記はチェックイン時にもらった案内図です。

ラウンジ地図

ラウンジ内の様子

受付を済ませ右手に進みます。

ラウンジ内はかなり広く、座席数も非常に多いです。

時間が早かったためか、ラウンジ内はガラガラです。

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジ内様子

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジ内様子2

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジ内様子3

食事とドリンク

食事は午前中のためか、軽食が中心です。

パンの品揃えはまずまずです。

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジ食事

シリアルとヨーグルト、フルーツです。フルーツの種類がもう少し多ければよいのですが…

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジ食事2

ANA便があるためかインスタント味噌汁もあります。

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジ食事3

おかずになるようなものが全く無く、正直今一つですね。

一方のドリンク類は朝から非常に充実していました。

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジドリンク

ビールの種類も豊富です。

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジドリンク2

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジドリンク3

ワインも赤白2種類ずつ揃っています。

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジドリンク4

写真はありませんが、ソフトドリンクの種類も豊富です。

結局チョイスしたのは、

ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジ食事&ドリンク

質素ですね…

その後、味噌汁もいただき、ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジを後にしアラスカ航空ラウンジにむかいます。

アラスカ航空 ラウンジ

ロケーション

アラスカ航空ラウンジもブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジと同じフロアの隣りにあります。

エスカレーターを登り正面が、ブリティッシュ・エアウェイズ ラウンジですが、左に進めばアラスカ航空のラウンジがあります。

アラスカ航空 ラウンジ

利用方法

アラスカ航空 ラウンジはプライオリティ・パスで利用可能です。

受付で航空券とプライオリティ・パスのカードを見せると、係員がカードをスリットし、端末にサインをすれば利用可能です。

ラウンジ内の様子

ブリティッシュ・エアウェイズのラウンジが広大で落ち着いた雰囲気であったの対して、アラスカ航空のラウンジはこじんまりしており、木目を活かした非常にポップでオシャレな内装です。

アラスカ航空 ラウンジ内様子

BGMも今風で航空会社のラウンジというよりはオシャレなショットバーのようです。

アラスカ航空 ラウンジ内様子2

アラスカ航空 ラウンジ内様子3

奥には仮眠ができそうなソファー席があります。

アラスカ航空 ラウンジ内様子4

窓側の席からは飛行機を見ることができます。

アラスカ航空 ラウンジ内様子5

食事とドリンク

食事はパン、サラダといった軽食が中心です。

アラスカ航空 ラウンジ食事

有料で食事を注文することもできるようですが、詳細は分かりません。

コーヒーはスターバックスでしょうか。写真には無いのですが、テイクアウト可能な紙コップにはスターバックスのロゴが入っていました。

写真はありませんが、他のソフトドリンクは標準的な品揃えです。

アラスカ航空 ラウンジドリンク

アルコール類はカウンターでバーテンダーに頼む方式ですが、午前中のためかスタッフが誰もいませんでした。

アラスカ航空 ラウンジアルコール

こちらではパンとコーヒーをいただきました。コーヒーは美味しかったです。

アラスカ航空 ラウンジ食事&ドリンク

まとめ

JFK国際空港第7ターミナルで利用できる2つのラウンジを巡ってきましたが、どちらもドリンクは充実していますが、 食事が今ひとつです。今まで利用した航空会社のラウンジと比較して、いずれもワーストクラスです。

他方、異常にお酒の種類が豊富なので、食べるというよりも飲むことを意識した品揃えになっているように感じました。

イギリスとアメリカの航空会社のラウンジはどこもこんな感じなんでしょうか…

ネガティブなまとめになっていますが、JFK国際空港の第7ターミナルはショップや飲食店があまり充実していませんので、フライトまでの時間をゆっくり過ごせるラウンジはありがたいことに間違いありません!