週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

世界遺産検定3級を受験しました。

本日、世界遺産検定の3級を受験しました。

もともと旅行に行った時に、もっと楽しめるようになりたいというのが世界遺産検定受験のきっかけです。

3級受験の感想などをまとめます。

タージマハル

世界遺産検定について

世界遺産検定は、4〜1級とマイスターに分かれていますが、本日受験できたのは4〜2級までです。

4〜2級までは年に4回検定があり、誰でも受けられるのですが、1級とマイスターの検定は年に2回で、1級の場合は2級の認定、マイスターの場合は1級の認定が必要となります。

このことからも分かるように2級までと1級以上では大きな壁があります。1級以上に認定されていなければ、世界遺産検定の資格を持っていると胸を張って言えないですね…

世界遺産検定の詳細は過去の記事もご参照ください。

www.weekend-traveller.com

世界遺産検定3級について

世界遺産検定3級の出題範囲は日本の遺産20件と代表的な世界の遺産100件です。4級は日本の全遺産と世界の遺産30件ですので、世界の遺産の出題範囲が3倍以上に増えます。

試験の形式は選択式のマークシート方式ですが、解答の選択肢も4級に比べ3級はやや難しくなります。

とは言っても、過去1年の認定率(100点満点中60点以上)は73%〜81.5%ですので、公式テキストや公式過去問題集で対策をしていおけば、問題なく認定されるレベルの試験だと思います。

4級は簡単すぎるので、これから受験しようと思っている方は4級をスキップして、3級からでよいのではないかと思います。

きほんを学ぶ世界遺産100 世界遺産検定3級公式テキスト

きほんを学ぶ世界遺産100 世界遺産検定3級公式テキスト

  • 作者: 世界遺産検定事務局,NPO法人世界遺産アカデミー
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2017/03/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
世界遺産検定公式過去問題集3・4級<2018年度版>

世界遺産検定公式過去問題集3・4級<2018年度版>

  • 作者: 世界遺産検定事務局,NPO法人世界遺産アカデミー
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2018/03/20
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

世界遺産検定を受験するようになってよかったこと

まず当初の目的通り、世界遺産検定の勉強の過程で遺産についての理解が深まり、旅行で遺産を訪れた時に、バックグラウンドを含めてより楽しめるようになりました。

それとともに、遺産のみならず、やや大げさですが世界情勢に関する感度が上がりました。

例えば、検定を通して知った危機遺産ですが、国外の紛争や自然災害等、以前は他人事の様に感じていた出来事も、身近な問題として感じるようになりました。

また、国内でも今後世界遺産への登録を目指している遺産を知ることにより、旅行に行きたい地域が一段と増えました。

世界遺産検定は、旅行をより楽しむためにも非常に役立ちますので、旅行好きの方でしたら、受けて損はないと思います。

まとめ

次は2級の検定を受けます。2級は出題範囲が世界の遺産300に増えますし、認定率も50%台に落ちますので、それなりの対策が必要なのではないかと思います。

今年の目標が2級の認定ですので、しっかりと対策をして早めに達成したいと思います。