週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

マレーシア航空のビジネスクラスアップグレードの結果が届きました。

以前、記事にしたマレーシア航空のビジネスクラスへのアップグレードサービスの結果が昨日届きました。果たして結果は…

マレーシア航空ビジネスクラス

*写真はマレーシア航空WEBサイトからお借りしました。

結果発表

結果を最初に申し上げると、1勝1敗でした。

アップグレードを申込んだのは、往路の成田→クアラルンプールとクアラルンプール→シンガポールの2区間です。

成田→クアラルンプールはアップグレード失敗、クアラルンプール→シンガポールはアップグレート成功です。

クアラルンプール→シンガポールは最低価格での入札だったのですが、1時間程度のフライトですので、わざわざアップグレードを申し込む人は少なかったようです。

逆に成田→クアラルンプールの方をアップグレードしたかったのですが、復路でとったビジネスクラスの金額を超えないように入札価格を抑えたのが敗因です。クアラルンプール→シンガポールの入札をやめて、全ての金額を成田→クアラルンプールに投入しておけばよかったかな、などとちょっと後悔しています。

結果通知メールについて

結果の通知に関してですが、申込時に「アップグレードされた時は出発時間の48時間前にメールで知らせる」とありましたが、アップグレードされなくてもメールは届きました。

アップグレードが失敗した通知メールのタイトルが「MH - MH 89: Unable to Upgrade」です。

一方、成功の通知メールのタイトルは、「Malaysia Airlines Flight 607 - You've been upgraded!」です。

便名の表記の方法が微妙に異なるのが気になりますが、全てが理解できる単刀直入なタイトルです。

アップグレード手続き

アップグレードサービスは入札時にクレジットカードを登録していますので、アップグレートに成功すると、登録したカードから代金が引き落とされます。その他は新しいeチケットを発行するくらいで、特に必要な手続きはありません。

逆にアップグレードに失敗した時は、何もする必要はありません。

アップグレードサービスの申込方法などの詳細は以前の記事をご参照ください。

www.weekend-traveller.com

アップグレードに成功するためのヒント

実は「Malaysia Airlines - Increase Your Chances of Being Upgraded」というメールが入札締切の1日前に届きました。

今回入札に失敗した成田→クアラルンプールのみ、入札額を増やしませんか、という内容でした。クアラルンプール→シンガポールについては何も触れられていませんでしたので、このメールが届いた場合は、入札額を増やさないと入札できない可能性が高いのではないでしょうか。

あくまでも推測ですが…

ラウンジの扱い

乗継便で片方の路線のみアップグレードされた際のラウンジの利用についてですが、アップグレードされた路線のみラウンジの使用が可能です。

今回の場合ですと、成田は使用不可。クアラルンプールは使用可です。

まとめ

興味半分で申し込んだアップグレードサービスですが、成功と失敗の両方を経験できたのは良かったと思います。

日本の航空会社には無いアップグレードサービスですが、ビジネスクラスを安く乗るために使うのにはあまりむいていないかな、と思いました。

仮に今回、成田→クアラルンプールがアップグレードされていたとしても、復路のビジネスクラスとほぼ同じ金額になっていました。その上、マイルは予約したエコノミーのクラスのものになります(私は今回マイルが付きません)。

アップグレードサービスはゲーム感覚で、アップグレードされればラッキー程度の気持ちで、普通にビジネスクラスを予約するよりも安くなる範囲の金額を入札するのが良いのではないでしょうか。

では、明日からシンガポールに行ってきます。