週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

インタウンチェックインのすすめ 〜 2017年10月香港出張4

インタウンチェックインとは、香港の中心地である香港駅や九龍駅で航空機のチェックインができるサービスです。

このサービスは非常に便利なので、香港に行かれた際にはぜひご利用ください。

以下、利用方法と注意点についてまとめます。

インタウンチェックインとは

インタウンチェックインは空港までいかずとも香港市内でチェックインできるサービスです。チェックインのみならず、搭乗券の受け取り、手荷物も預けることができる大変便利なサービスです。

インタウンチェクインできる場所

インタウンチェックインができる場所は、香港駅と九龍駅の2箇所です。

「In-town Chick-in」もしくは「市區預辦登機服務」という案内が目印になります。下の画像は香港駅のインタウンチェックインカウンターの入り口です。In-town Chick-in

インタウンチェックインできる航空会社

インタウンチェックインは全ての航空会社ができるというわけではありません。日本の航空会社はANAとJALは利用可能ですが、バニラエアは利用できません。

インタウンチェックイン可能な航空会社一覧は下記よりご確認ください。

http://www.mtr.com.hk/en/customer/services/checkin_info.html

インタウンチェックインの方法

インタウンチェックインを利用できる時間は、搭乗する飛行機の離陸時刻の1日前から90分前までです。

インタウンチェックインはエアポート・エクスプレスを利用することが前提になっていますので、エアポート・エクスプレスのチケットかオクトパスカードにエアポート・エクスプレス片道分の残額が必要です。

www.weekend-traveller.com

インタウンチェックインカウンターの入り口には、改札がありますのでそこでチケットを読み取らせる必要があります。

中に入ると航空会社ごとにカウンターが別れていますので、自分の利用する航空会社のカウンターに行き手続きするだけです。手続きは空港での手続きと同じです。

In-town Chick-in Counter

インタウンチェックインのメリット

インタウンチェックインは 何と言っても手荷物を預けられるという点が最大のメリットです。香港はコインロッカーが少ない(無い?)ので、このサービスを使わない場合、ホテルに荷物を預けるか重い荷物を持って移動することになります。

インタウンチェックインを済ませておけば、身軽にそして飛行機の搭乗時間までを最大限ショッピングや観光に使うことができます。

また、空港でのチェックインは、混雑のため比較的時間がかかりますが、インタウンチェックインだとチェックインに費やす時間を短縮することができる、というメリットもあります。

インタウンチェックインのデメリット

非常に便利なサービスなのでデメリットというほどのものではありませんが、あえてあげるとすると以下になります。

  • 空港に行くためにエアポート・エクスプレスプレス以外の交通手段が使えない。厳密に言うと、他の交通手段を使っても、エアポート・エクスプレスの片道運賃を払う必要がある。
  • インタウンチェックイン時には飛行機の搭乗ゲートが決まっていないことが多いので、空港で確認する必要がある。
  • 身軽なこととチェックインを済ませた安心感で、ついつい空港に到着するのが遅くなってしまう。

香港国際空港は非常に広い上に、出国手続きに時間がかかります。早めに空港に着くよう心がけましょう。

まとめ

香港は旅行者に優しい都市だと思います。このインタウンチェックインも旅行者にとっては本当にありがたいサービスです。

香港に行かれた際には、インタウンチェックインを利用して、香港での滞在を最後まで楽しんでください。