週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

2017年8月シンガポール旅行5 〜ローカルフードを食べ尽くす

今回の旅行における食のテーマはローカルフード。

タイトルはちょっと大げさですが、シンガポールを代表する料理をいくつか堪能しましたのでご紹介します。

f:id:locanda:20170907223634j:plain

ラッキープラザのチキンライス

個人的にはシンガポールと言えばチキンライス!と言うくらい好きです。ということで、最初の食事はもちろんチキンライス。

オーチャード通りにあるラッキープラザ内のチキンライスのレストランに行ってきました。レストラン名はそのまま「ラッキーチキンライス」です。ここのチキンライスは本当に美味しくシンガポールを訪問した時は必ず食べます。

ローストとスチームそれぞれ4.5シンガポールドルです。

f:id:locanda:20170907223601j:plain

オーチャードタワーのフィッシュカレー

初日の夜は現地の友人と2人でオーチャードタワーの地下にあるフードコートでフィッシュカレーを食べました。フィッシュカレーにチャレンジしたのは初めてですが、実に美味しかったです。スパイシーですが、辛さ控えめでクリーミーです。ボリュームがありますが、あっという間に完食しました。価格は失念してしまいましたが、リーズナブルです。

写真に写っている瓶はシンガポール地場ビールであるタイガービールです。癖がなく飲みやすく、ビールがあまり好きではない私でもグイグイ飲めます。

f:id:locanda:20170907223753j:plain

チャイナタウンのチキンライス

一度行ってみたかったチャイナタウンフードストリートに行って来ました。12時前に着きましたが、それでもものすごい数の観光客です。中国系60%、西洋人30%、その他10%という感じでしょうか。

ここで注文したのはまたまたチキンライス。どれだけチキンライスが好きなんだ!!と自分でも呆れてしまいました。

肝心のお味ですが、美味しいのですが、個人的にはラッキープラザのチキンライスに軍配を上げます。価格は7シンガポールドルです。ローストとスチームの両方の味を楽しむことができますが、半人前ずつなので、ラッキーチキンライスよりもやや高めです。

f:id:locanda:20170907224127j:plain

スリ・マリアマン・テンプル (Sri Mariamman Temple)

食事の後、シンガポール最古のヒンドゥー教寺院 スリ・マリアマン寺院に行ってきました。ヒンドゥー教寺院ですが、何故かチャイナタウンにあります。

入場料は無料ですが、写真を取る場合は3シンガポールドル払う必要があります。ということで、外観しか写真に取ることができませんでした。

ヒンドゥー教の寺院は初めて見たのですが、神様の多さと色彩の鮮やかさに圧倒されました。

チャイナタウン訪問の際にはぜひ足を延ばしてください。

f:id:locanda:20170907225423j:plain

IONのバクテー

シンガポールローカルフードの締めはIONオーチャードの地下4階のフードコートにあるバクテーレストラン「バレスティア・バクテー」です。フードコート内にあるのですが、このレストランだけは、席が別で独立したお店の体裁になっています。

不覚にも写真を撮り忘れた上に価格も失念してしましました。

お味ですが、あっさりしていますがスパイシーで病みつきになるスープと柔らかいお肉のハーモニーが絶品です。スープはおかわり自由というのもポイントが高いです。

旅行の疲れが一気に吹っ飛ぶ締めに相応しい逸品でした。

まとめ

多民族国家のシンガポールでは多種多様な料理を楽しむことができます。高級レストランも良いのですが、ぜひローカルフードを楽しんでください。

どローカルなレストランやフードコートはやや難易度が高いですが、シンガポールの場合、マリーナ・ベイ・サンズやIONなどの高級ショッピングモールにもフードコートはありますので、気軽にローカル料理を楽しむことができます。

 

この記事が少しでも役立ちましたら、「読者登録」していただけるとありがたいです。