週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

2017年8月シンガポール旅行2 〜Singtel Tourist SIM完全ガイド

シンガポールに行くときはいつもSingtelのTourist SIMを使用しています。リーズナブルな上に、SIMカードをセットするだけでアクティベーションしますので、簡単に使うことができます。

購入からアクティベーション方法、実際の使用感までレポートします。

Singtel Tourist SIM

シンガポールのSIM事情

まずはシンガポールのSIM事情について簡単に触れておきます。

Singtel、Star Hub、M1が3大キャリアです。最大手はSingtelで約45%のシェアを誇っています。Star Hubが2番手、M1が3番手です。いずれも4G対応の上、空港で購入することができます。各社のWEBサイトを見ると、各社Tourist SIMを販売しているようですが、私はSingtel以外のTourist SIMは見たことがありません。

Singtel Tourist SIMのプラン

さて、SingtelのTourist SIMですが、使用期間とデータの容量によって3種類から選ぶことができます。

Singapore's Best Prepaid Tourist SIM

通常の観光でしたら5日間で4GBのデータ通信容量のものを選べば問題ないと思います。データ通信はもちろん4G対応です。価格は15シンガポールドル(約1,200円)ですので、リーズナブルです。

どこで購入するか

もちろんチャンギ空港で購入することができますが、注意が必要です。Singtelの直営ショップやInformationカウンターなどでもSingtelのSIMカードを扱っていますが、通常のPrepaidカードしか扱っていない場合が多いからです。私は初めてシンガポールに行った時に当然のようにSingtelのショップに行ったのですが、Tourist SIMは取り扱っていませんでした。

どこで購入しているかというと、両替で有名なTravelexをいつも利用しています。こちらでは今まで3回トライして100%購入することができました。チャンギ空港の全てのターミナルにTravelexはあります。

私は両替はクレジットカード派ですが、現金派の方は両替とSIMカードの購入を一度で済ますことができます。

購入は至って簡単で、パスポートを提示するだけですぐに購入することができます。ただし、設定はやってくれませんので、自分で行う必要があります。

<2017年12月7日追記>

チャンギ国際空港 第2ターミナルで購入できるSIMカードについてまとめましたので、そちらもあわせてご覧ください。

www.weekend-traveller.com

 アクティベーション方法

こちらはSIMカードの入れ替えだけですぐに使用することができます。SMSを送ったり、設定する必要は全くありません。

参考までに、下記にSIMカードの入れ替え手順をまとめておきます。

事前準備

まずはSIMフリーのスマートフォンが必要です。最近では3大キャリアの端末でもSIMロックが解除できますので、事前にロックを解除しておきましょう。

私はSIMフリーのiPhoneとIIJ mioを使用しているのですが、日本国内でデータ通信をするためには、IIJ mioのプロファイルをインストールする必要があります。 恐らく他のMVNOも一緒だと思います。このプロファイルを事前に削除しておきます。プロファイルが残っていると、現地SIMを入れてもデータ通信できませんので、これは重要です。

iPhoneの場合は下記の手順で削除できます。

「設定」→「一般」→「プロファイル」→「(Cellular)IIJmioモバイルサービス」(ここは使用しているMVNOのプロファイルを選びます)→「プロファイルの削除」

また、Wifiに接続してる場合は、Wifiもオフにしておいたほうがベターです。SIMを入れ替えた後、データ通信ができたと思っていたら、実はWifiに接続していただけ、ということになりかねません。 

設定

設定はいたって簡単です。ピンを使って、SIMカードホルダーを開き、今入っているSIMカードを購入したSIMカードに変更するだけです。ピンはTravelexにありますので、自分で用意する必要はありません。

SIMカードを入れ替えるだけで、SingtelからSMSが届きます。これでアクティベーション完了です。iPhoneの場合、APNの設定も必要がありません。

その後は、ブラウザを立ち上げ、接続テストをしてくだい。Wifiに接続されていないことは、必ず確認してください。

注意点としては、普段使っているSIMカードの保管です。小さいですし、無くしてしまうリスクが高いので、私は下記のSIMカード用のケースを持ち歩いています。

 使用感

シンガポールはIT先進国だけのことはあり、ほぼ全域で4Gの電波を掴む事ができます。スピードも十分で、空港とオーチャード通りで2回計測しましたが、上りがそれぞれ65.41Mbps、28.58Mbpsと十分な速さです。

日本並み、いや日本以上の快適さです。

一度現地SIMカードを使い始めると、快適な上にリーズナブルなので、ローミングやモバイルWifiには戻れません。

Singtel Tourist SIMスピードテスト

まとめ

  • Singtel Tourist SIMはチャンギ空港で購入できるが、直営ショップでは扱っていないこともあるので、両替のTravelexで購入するのが確実
  • 5日までの滞在なら、4GBのデータ通信容量がついた15シンガポールドルのプランがおすすめ
  • Travelexでの購入の場合、自分でアクティベーションする必要があるが、SIMカードを差し替えるだけでOK
  • 普段使っているSIMカードを保管するためにSIMカードケースを持ち歩くことをおすすめ
  • 通信環境に関しては、エリア・速度とも申し分なし

この記事が少しでも役立ちましたら、「読者登録」していただけるとありがたいです。