週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

2017年5月フィリピン旅行 中国国際航空の旅

ゴールデンウイークを利用してマニラに行ってきました。

今回は時間的な余裕があったことと、プレミアムポイントを稼ぎたかったので、中国国際航空のビジネスクラスを利用しました。

f:id:locanda:20170715230804j:plain

羽田→北京国際空港、北京国際空港→ニノイ・アキノ国際空港の往復でトータル9,352のプレミアムポイントをゲットしました。

ちなみに羽田→ニノイ・アキノ国際空港はANAでビジネスクラスを利用しても往復で7,850プレミアムポイントしか稼げません。

ネット上では、中国国際航空は良くない噂もありますが、はたして利用する価値はあるのでしょうか。

羽田→北京首都空港

出発した5月3日はゴールデンウイークの後半の初日ということで、混雑を予想して早めに羽田空港に到着しましたが、拍子抜けするくらい国際線ターミナルはガラガラです。

中国国際空港のチェックイン・カウンターは左の一番奥にありますが、ビジネスクラスのカウンターは誰も並んでおらず、すぐにチェックインすることができました。

中国国際空港はスターアライアンスに加盟していますので、ビジネスクラス搭乗の場合は、ANAのラウンジを使用することができます。114番ゲート近くのANAラウンジを使用したのですが、こちらもガラガラ…でした。

軽食をとりいざ搭乗です。

優先搭乗で早く乗ったこともありますが、出発の時間までが非常に長い。ウェルカムドリンクがでましたので、シャンパンを2杯頂きました。2杯飲み干してもまだ出発しません。この時点で北京国際空港への到着の遅延を覚悟しました。乗り換えは2時間35分です。定時到着ですと問題なのですが、到着が大幅に遅れると微妙です。

ところいざ出発すると食事を挟んであっという間に到着です。4時間30分のフライトですが、何と予定よりも40分も早く北京国際空港へに到着しました。

あとで調べて分かったのですが、他の航空会社ですと羽田から北京国際空港の所要時間は3時間50分位が多いです。中国国際空港も他の便だと3時間50分〜4時間くらい。なぜか私の乗った便だけが4時間30分とダントツに長くなっています。謎です。

北京国際空港での乗り換え

北京国際空港の乗り換えは事前の情報通り、少し時間がかかります。乗り換えの手続き自体はすぐに終わったのですが、保安検査がとにかく混んでいます。

これも後で分かったのですが、ボディスキャナーに100%の人が引っかかっていたことと、コインがバックに入っていると再検査になるので、一人一人の検査の時間がとにかく長いです。

私も人生ではじめてボディスキャナーで引っかかりました。

空港到着から乗り換えの手続きまでが10分、その後保安検査場を通過するのが40分くらいかかりました。

それでも時間が余りましたので、中国国際国際空港のラウンジを使用しました。ラウンジは、保安検査場を抜けて右側のスターバックの奥にあります。保安検査場を抜けると地図がありますので、迷わず行けると思います。

ラウンジはWifiも問題なく使え、食事・飲物とも豊富です。さすがは中国のフラッグシップ航空のラウンジです。

f:id:locanda:20170715231136j:plain

 

北京国際空港→ニノイ・アキノ国際空港

予定搭乗時間少し前にゲートに到着しましたが、すでに搭乗開始しており、殆どの乗客は乗り込み済でした。本当に読めない航空会社です。

北京からマニラは意外にも西洋人が多く、次にフィリピン人。中国人の乗客はあまり多くありませんでした。中国人にとってフィリピンは人気が無いのでしょうか。

ビジネスクラスは羽田から北京国際空港はほぼ満席でしたが、北京国際空港からニノイ・アキノ国際空港は半分くらいの搭乗率です。

中国発の中国国際航空は中華が美味しいという噂でしたので、ディナーは迷わず中華を選びました。確かに美味しく満足できる味でした。

f:id:locanda:20170715231352j:plain

飛行機は順調に遅延なくニノイ・アキノ国際空港に到着しました。

中国国際航空所感

帰りの便も順調でとりたてて触れておくこともないので、最後に中国国際航空の感想をまとめておきます。

  • 機種はすべての便でA330-300でした。座席はフルフラットになり、とにかく広くて、睡眠をとるには文句なしです。
  • 短距離路線ということで、アメニティ類はほとんどありませんでした。
  • エンターテイメントはベルト着用サインが消えるまで使えないのと、映画の種類もやや少なめで、あまり良いとは言えません。
  • トイレ等の設備は飛行機がやや古いためか、ビジネスとは言え日本の航空会社のエコノミークラスと同等の印象です。
  • 食事は中華を中心にいただきました。日本の航空会社ほど豪華ではありませんが、美味しくて満足出るレベルです。
  • 飲物はシャンパンとワイン、そして中国茶を頂きましたが、全て美味しかったです。特に中国茶はさすが中国のフラッグシップ航空!と思わせるレベルです。
  • 客室乗務員は全員問題なく英語が通じます。英語も非常に綺麗で問題なくコミュニケーションできました。

日本の航空会社のビジネスクラスと比べると、劣っている面もありますが、総合的に考えて満足出来るレベルのサービスです。格安でビジネスクラスに乗れますので、コストパフォーマンスで考えると、非常に優れていると思います。

特にゴールデンウイークは日本の航空会社は値段が高くなっていましたが、中国国際航空はゴールデンウイークでもその前後とほとんど値段が変わりませんでした。

遅延の体験談が結構WEBに載っていますので、タイトなスケジュールの旅行では使いづらい部分もありますが、来年のゴールデンウイークも中国国際航空を使って旅行したいと思います。