週末トラベラーの忘備録

海外旅行のTipsや海外SIMカード、マイルのことなどお役に立つ情報をお届けします。2017年SFC、2018年JGC取得済。

スカルノ・ハッタ空港からの出国とジャカルタの感想

ジャカルタ旅行の最終回として、出国手続きとジャカルタで感じたことについてまとめてみたいと思います。

f:id:locanda:20170628002022j:plain

 

 

スカルノ・ハッタ空港からの出国

ジャカルタの渋滞はひどいと市内から空港まで2時間以上かかることもある、と聞いていましたので、飛行機の出発時間の4時間半前に市内を出発しました。

しかし、幸い渋滞は全く無く、30分強で空港に到着しました。タクシーのドライバーに聞くと、日曜日は全く渋滞は無いそうです。

空港に着いたものの、ANAのチェックインは2時間半前からです。チェックイン・カウンターに行くためは保安検査があり、一度入ると出ることができなさそうでしたので、ロビーで待つことにしました。ロビーには何件かレストランやカフェがありますが、私が到着した時は非常に混んでいたので、ロビーのベンチで座って待つことにしましたが、これは正解でした。保安検査を過ぎるとベンチすらほどんど無い状況ですので、チェックイン開始時間の前にチェックイン・カウンターに行ってしまうと、立って待つことになります。

待っている間に空港のFree-Wifiにアクセスしたものの、激遅でほとんど使い物にならず、モバイルデータで通信をしました。空港のFree-WifiはパスワードをSNSで受け取る方式でしたので、モバイル通信ができないと、アクセするのは難しそうです。

そうこうしているうちに出発の2時間半前になったので、保安検査を受け、チェックイン・カウンターにむかいます。ほとんど行列はなく、すぐにチェックインは完了。出国審査もすぐに終わり、出発ロビーに行くと、レストランや免税店なども充実しています。私はドライフルーツを購入し、プレミアムラウンジへ。

ラウンジはさほど大きくなく、可もなく不可もなくという感じでした。深夜便でしたのでシャワーを借りたのですが、正直お湯が出るだけ…という感じで設備は今ひとつでした。

しばらくラウンジで休んだ後、出発ゲートにむかいますが、出発ゲートに入る前にも再度保安検査があります。合計で3度検査を受けることになります。

出発ゲートには何もないので、ギリギリまで出発ロビーで時間を潰すのが良いと思います。

 

ジャカルタで感じたこと

ジャカルタはエネルギッシュで、人も親切でとても気に入ったのですが、セキュリティが非常に厳しいことに驚きました。

到着後ホテルまでタクシーで行ったのですが、ホテルの前でタクシーは停められ、警備員がトランクと車内をくまなく調べます。また、ホテルに入るのにも手荷物検査を受ける必要がありました。

ショッピングモールも一緒で、入るために手荷物検査を受ける必要があります。今までの旅行先では、ホテルやモールに入るために手荷物検査を受けたことはなかったので、非常にショックを受けました。

改めて日本が平和な国であることを再認識しました。

f:id:locanda:20170628002056j:plain